読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電話占いを始めました

Diary

大アルカナまで書き終えて、達成感に浸っているリラ猫です。

私ね。基本的に三日坊主なのね。
三日も持つか怪しい。
そんな私がなんだかんだでダラダラ続けて、
この間、ようやく「世界」のカードまで書き終えました。
パチパチパチパチ。

夫婦ブログを始めました

突然ですが、夫婦ブログを始めました。
恐らく旦那がプロレスやゲームについて熱く語るブログとなるでしょう。
私は……私は……何書こうかなぁ。
占い系はね。リラ猫のタロットハウスがあるからね。こっちに書くよ。
夫婦ブログにはゲームかなぁ。デレステとかFF14とか書こうかなぁ。
占いにかかりっきりでスカイリムも全然プレイできてないけど、
そっちについて書くのもいいなぁ。

そんな感じで。
占いと全く関係ないけれど、
こちらもよろしければ、遊びに来てください。
ねこやしきのふたり

電話占いを始めました

一旦無料占いはお休み

ココナラで無料で占い、このブログに相談内容を公開することにしてたけれど、
如何せん、ブログでカードの解説始めちゃったし、
相談は溢れかえるしで、
「やってらんねーーーー!!!」
となった次第でございます。えぇ。
基本的に私は面倒臭がりです。
マルチタスクでこなす自信はあるけれど、
シングルタスクにできるよう改善できない事柄は、継続したくないのですよ。

そんなわけで、ココナラでの無料占いは一旦お休みです。
占い実績見てみてよ。
9カードスプレッドとホロスコープの実績が、72件ですよ。
……あ。皆様、ご利用ありがとうございます。
で。
このうち記事にできてるのって、確か6件。
記事にしなきゃならない占いも、溢れかえっているのですな。
とりあえずね。
ここら辺を一通り消化してから、また無料占いを開始します。
このブログからの占いの依頼は引き続き無料なんで、
お金をかけたくない人や、小中高校生は、こちらからどうぞ。
素敵な記事に仕上げます☆

腕は衰えさせません

とはいえ、無料占いをやめて私が一番危惧するのは、
占い技術の腕の衰えだね。
やっぱり毎日、ワンオラクルも含めて10件近く占っていたわけですよ。
それがなくなっちゃうわけですな。
有料占いで10件も依頼が来るほど、世の中甘くないですよ。
それを回避するために、
明日の運勢のワンオラクルは、「毎日ワンオラクル 1ヶ月版」に変更。
同時に、電話占いのサービスを開始しました。

電話占いの様子

実は私、電話がとてつもなく苦手です。
性格こそ人懐っこいけれど、
こう、人と話すと、緊張しすぎてプルプル震える。
そして私は、頭の回転が遅いんだか速いんだか、いまいちよくわからない状態になる。
タロットのリーディング自体は速い。
しかし、言葉選びが……言葉が出て来ないのですよ…………
話しながらタロットをシャッフルし、
相談内容を聞きながらカードをオープンし……
マルチタスクっぽいことはやってるんだけどね。
その最中も震えっぱなし。

回数こなせば緊張も和らぐのかな?
まだ始めたばかりだからね。
慣れていきます。頑張ります。
値段は1分間で108円です。
けど、スピード重視で行っているので、案外さくっと終わります。
今のところ実績から計算して、
質問+解説含めて「1件 = 1分20秒」ですよ。
お金にすると、140円ですよ。
ソフトドリンクバーの飲み放題の半分ぐらいの金額ですよ。
驚いたね。自分でもびっくり。

でも占いって、それぐらい気楽に依頼できるぐらいがちょうどいい。
長くても10分ぐらいで鑑定は終わるんじゃないかな。
気軽に来てね。
敬語で話されれば敬語で返すけれど、
タメ口で来たらタメ口で返します。

占いと言う魔術

占いはオカルト?

占いはオカルトの部類なんだろうか?
私は「違う」と思ってる。
私の占いではたまにはトンチンカンなことも言うけれど、
基本的に占いの結果は「当たってる」って評価をもらってる。
「よかった」と思うと同時に「タロット怖い」って思う。
タロットなんて、紙っぺらだぜ……
そんな紙っぺらが、どうして、人間の心を読み、未来を当てちゃうのよ……

あくまでタロットは乱数を使って出力した結果に過ぎないのだ。
だから「当たる」だとか「当たらない」だとかは、
タロットそのものには関係がないと思ってる。
当てに行ってるのは、他ならぬ「占い師」なのだな。

占い師は人の心を読むスペシャリスト

占い師自体に霊感や透視能力、テレパシーなどのオカルト的能力が備わっている。
……っていうのが、私の持論。
テレビでやってた話ではあるのだけれど、その話によって「テレパシーは実在する」と信じている。
テレビでやってた理論だと、
「世界レベルで見たとき、雷というのは常時鳴っていて、
雷から出てくる電流が、人間の脳の微弱電流と少しだけ干渉し、
まるで携帯電話の通信のようにして、脳内に思い浮かべたものが送信される」
……とのことである。
夢あるよね。信じたいよね!!!

霊だとかオカルトだとか、正直あまり信じたくないけれど、
私は実際に霊は感じちゃうし助けられた経験あるし。
人の考えていることはなんとなくイメージで伝わってくるし。
厨二病ワロタwwwww」
と一時期は思ってたけど、
これがもしテレパシーなるものならば、
占いに使えるんじゃないかな、って思ってる。

これって、誰でもある現象だと思うんだよね。
ソフトウェアエンジニア風にいうと、
テレパシーっていうのは、Intentじゃなくて、Broadcastだからね。
郵便じゃなくて広告なのよ。
「見よう」「感じよう」と思わないと、受け取れないものだと思ってる。
占い師は自然と、そういうテレパシーに対するチャンネルあわせが得意なんだと思ってる。

タロットカードの乱数に説明できない謎がある

ここまで言っておいてなんだけど、
占い師自身がぞっとするようなことというのが、タロットではしょっちゅう発生する。
知ってるはずのない、相談者の思い人の所属する会社の経営不振だとか。
知ってるはずのない、相談者の転職活動だとか。
そういうのをタロットカードは示してくる。
正直「まーたタロットが大げさなカードを出してきたよwwwww」と思うんだけど、
タロットを信じなきゃ占い師をできないので、
信じてそのまま感じたことを伝えてみるのだ。
で、「当たる」のだ。

本当に、ただの乱数なのかねぇ……
占い師の技術がもちろん大事なのは感じているけれど、
タロットカードというか、「運」というものは、
科学では説明できない何かの意思によって操作されているような気がするのだ。
クトゥルフかな?

いつか、タロット占いが当たる理由を理論的に解明できたらいいなぁ、と思っている。
この野望が無事成就することを、皆様でお祈りください。