妊娠初期のお話

「明日から本気出す」の明日はいったいいつ訪れるのかわからないリラ猫です。
いえいえ、ちゃんと、占いのお仕事は行っているので、常に本気……です。はい。
ブログをおさぼりしてしまっているのにも関わらず、ブログ経由で占いのご相談をいただけて、本当に感謝感謝です。
けど、今日の記事は、占いとは全く関係ないお話を書こうかと。
一応、ITエンジニア兼占い師、だったのが、
今の肩書きは、占い師兼妊婦、になってます。
女性の閲覧者が多そうなブログなので、
備忘録程度に、妊娠初期の話を書こうと思います。

実はこの記事は2度目の執筆。
1度目の記事は、いろいろ怒りに任せて書いてたから、酷いもんだった……

妊娠超初期のお話

一時期は不妊状態だったかも

結婚式を終えたのが2017年の4月。
旦那と私で一生懸命貯金をしていて、第一目標がこの結婚式だった。
第二目標、第三目標が、家の購入と第一子の出産。
大体、結婚式を挙げた翌年ぐらいに実行できたらいいねー。
なんて言っていたわけです。
家の購入は、正直、今無理して購入する必要はないけれど、
子どもは親の年齢を考えると、この頃には第一子が欲しいなぁ、なんて夢を見ていたわけです。

ところがどっこい。
4月は妊娠超初期症状があったものの、残念ながら生理が発生。
まだ試み1ヶ月だというのに、物凄く落ち込んでた。
そして5月分からは、しっかり基礎体温を計ろうと思い、記録をしてみたら…………
f:id:liyracat:20170828031848p:plain:h300
お月様がある日が生理日。
9日間の生理がある時点で「おかしいなぁ」と思っていたものの、
それ以降も記録を付けていくと、体温の低温期、高温期がない、ぐちゃぐちゃのグラフに……
健康な女性ならば、生理開始日を1日目として、15日目頃に排卵と共に高温期に入るはずなんだけどね。
私にはそれがなかったわけです。
更に、おそらく排卵日の5/15からは、毎日少量の出欠が続くという事態が発生…………
案の定だけれど、本格的な生理が開始されたら、のたうち回るほどの激痛が走りました……

溜まりに溜まった仕事のストレス

恐らく5月は、私は排卵が出来ていなかったんですね。
酷くストレスがかかっていて、体がおかしくなっている自覚はあった。
以前から、生理時に拳大の血の固まりが出たりなど、していたのだよな……
「ストレスを溜めないようにしなくては」
「早く仕事をやめなければ」
と思ってはいたものの、結局退職に踏み切ることが出来ず、
ズルズルと続けていたわけですなぁ。
その上、排卵が出来ていないらしいグラフになっているので……
「私は妊娠できない体になってしまったんだ!!」
と自棄を起こしてました。

諦めていた妊娠

自棄を起こしたら早かった。
今年中の妊娠を諦めたわけです(爆)
だって、6月の生理も11日間も続いたわけですからね……
f:id:liyracat:20171112224230p:plain:h300
これはもう、私の体は完全におかしくなってしまったんだと、思った。
もう基礎体温を計るのもやめよう。
妊娠に関して考えるのをやめよう、と思った。
まずは、仕事をしているうちに、占い事業を軌道に乗せて、
ある程度、やっていけるようになったら、退職し、
休息しつつ、妊活しようと思っていた訳です。
そうやって、異様に早い腹のくくりかたをした私に、旦那が、
「一応、もうすぐ排卵日だから、希望は捨てずにいてみようよ」
と、寄り添ってくれて…………

妊娠のことなんてすっかり頭になかったものの、
また始まる排卵日からの少量の出血。
そして今回はそれに加えて、生理予定日になっても始まらない本格的な出血。
「今度は生理さえも来なくなってしまったか……」
と思い、産婦人科で詳しく検査をすることを決意。
けど、念のため、最後に、妊娠検査薬を試してみよう、と思い、真夜中に実施してみた。

………………
うっすーーーーーーーーーーーーーく陽性。

その後も、毎日検査薬を使うと、日に日に濃くなる陽性ライン。
7月頭に産婦人科にいき、胚嚢(赤ちゃんの入る袋)が確認できないものの、胎盤成分が集まってきているので、妊娠は確実だとのこと。

妊娠、しておりました。

妊娠超初期症状

ネットにはいろいろかかれているけどね。
胸の痛みだとか、吐き気がするだとか、食の好みがかわるだとか……

全くなかったね!!!!!

ある人にはあるかもしれない。
けど、私にはなかった。
私にあった超初期症状は、睡眠薬を飲まされたような異常な眠気と生理の遅れの2つのみ。
眠気については、生理予定日3日前ぐらいから、すごく眠くて、
大好きなゲームをすることなく、床につく状態だった。
その状態を異常と感じていた旦那に、妊娠が発覚してから、
「あの眠気が妊娠超初期症状だったのかもしれないよ」と指摘された。
指摘されるまで、全く気づかなかった。

挙げ句の果てに。
旦那の趣味に影響されて私もはまっていたプロレスのライブが7月の頭に開催されたのだ。
しかも、前から3列目という、物凄く良い席!!
これはもう、目をかっぴらいて目に焼き付けなければ!!!!
というような席なのにも関わらず、
起きているけど、瞼は閉じていき、舟をこいでいる状態…………
あぁ、勿体ない…………
でも、レスラーたちはとてもかっこよかったです……
でも、あまり記憶にないのが本当に切ない…………

そのぐらい、眠かったわけです。
生理遅れ7日目のお話です。

妊娠初期のお話

心拍確認は妊娠5週

妊娠は出来ているものの、子宮外妊娠の可能性もあるので、
胚嚢が確認できること、心拍が確認できること、が揃わないと、
妊娠確定と呼べないのだとか。
そのため、心拍が確認できたのは、妊娠5週相当で、ようやく妊娠が確定しました。

……妊娠5週「相当」というのは、
本来、前回の生理開始日を1日目(0週)として、妊娠○週と数えるのだけれど、
排卵が想定より遅れていたのか、前回の生理開始日を1日目で計算をすると、胎児が小さすぎるのだとか。
そのため、ちょうど一週間遅れで計算をしていくことになった。
だから、実際には、妊娠6週でわかったことになる。
まぁ、そもそも基礎体温もガッタガタだったからね。
排卵の遅れがあってもおかしくない。
「想定より小さい!」とビクビクするよりは、
素直に「胎児は1週間遅れて受精した」と思った方が楽だったので、
妊娠5週で心拍が確認できたと思うことにしています。

止まらない出血&子宮頚管ポリープの発見

排卵予定日から少量の出血が止まらない、と上記に書いたが……
実は、妊娠が確定してからも、心拍が確認してからも、
ずっと少量の出血が続いていたのだ。
鮮血ではないけれど、おりものにピンクが混じった血が毎日……
産婦人科でもそのことは話したんだけれど、
「今は問題ないよー」とだけ言われて、原因不明のまま。
ただあまりにも出血が続くので、よーーーーーーく観察したら…………
子宮頚管ポリープを発見。
しかも、根が太くなっていて簡単に取れるものではなく、
完全にドーム型&周りにボコボコしたポリープがある。
診察で取るには大きすぎるし、酷い出血になるかもしれない。
そこから感染症にでもなったら、流産してしまうため、
妊娠中期に入ってから取るか取らないかを判断したらいい、と言われました。

まっ、子宮からの出血でないのならば、
私はこのポリープと上手く付き合っていくしかないね。

想像以上に酷いつわり

妊娠超初期症状から始まっていた、異常な眠気。
眠りづわり、というらしいね。
最初はそれだけで、とにかく日中はひたすら寝まくり、
夕方に起床し、日をまたぐ前に再度寝る……
無理して起きていると、目眩・吐き気・頭痛と大変なことになる状態だった。
…………ここまでは良かったのよな。
徐々に胃が小さくなり、食欲は減っていったんだけど、
まぁ、元々食は細い方だったし、気にせずにいたんだよね。
トータルで1日1人前を食べるような状態が続いていた。
それが8月にはいると……
限定的な匂いづわりが発生するようになった。
限定的なので、全体的に匂いがダメというより、特定の匂いがダメなんだよね。
よく、お米の炊ける匂いが〜、肉の匂いが〜、魚の匂いが〜とか言うけれど、
私はそこらへんは平気だった。
何がダメだったかというと、猫餌……
朝晩あげる猫餌の匂いが辛くて辛くて……
袋もダメ、食べてる部屋に入るのもダメという状況に。
しかも、猫が食べる部屋というのが、寝室という最悪な場所…………
匂いをかぐと必ずトイレに直行☆
愛猫たちとのスキンシップの時間なのに、残念極まりない……

更にお盆に旦那の実家に帰省した次の日の朝。
朝起きたら猛烈に気持ち悪くて、トイレに直行。
何も出てこないけれど、とにかく胃液を吐きまくる状態……
吐きづわりが始まったのだと確信。
一通り吐きおわったので、軽く水で口を濡らすと、再度吐き気が襲ってきて……の繰り返し。
食べれば吐く。飲んでも吐く。
ようやく落ち着くのは、旦那が帰ってくる夜のみ。
それでも、食べられるのは、米一口のみ……
それが一週間続き、だんだん自分の吐くきっかけみたいなのが分かってきたので、タイミングをみて水は飲めるようになってきた。
でも食事は変わらず、晩ご飯のみで、半人前も食べられなくなっていた。
これは妊娠初期はずっと続いていた。

産婦人科の転院

もともと、年内には私の実家に引っ越しをする予定だったので、その旨を最初に訪れた産婦人科に伝えてあったのだけれども、
流産の心配が大幅に減る大きさになった(CRL30mm超え)タイミングで、
「この病院では里帰りする時期まで面倒みられないから、近くの里帰り出産を受け付けている産婦人科に紹介状を書くねー」
……と言われた。
うそでしょ、ここでは出産こそ受け付けてないものの、里帰りするまではみてくれる場所じゃなかったの!?
妊婦さん、いっぱい来てるよ!?!?
ということで、呆然。
実家近くの産婦人科には、妊娠8週頃に来てほしいと言われていたので、妊娠9週過ぎに受診したのだが、
実家までは電車で片道3時間の場所。
そして、更に今の家の近くの別の産婦人科に紹介されると、私は産婦人科を3ヶ所通ったことになるのだ。
妊娠検診って、保険が利かないのよ……
初診だと1万近く取られるのよ……
だから出来るだけ、余計な産婦人科は行きたくない。
……というわけで、家の近くの産婦人科への紹介状は断ったのだ。
……こうして、万が一何かが起きたとき、駆け込める産婦人科がなくなってしまったのだ。
ま、なんとかなるでしょう!!!!!
信じるしかない!!!

子宮頚管ポリープで大パニック

妊娠10週に、実家近くの産婦人科で2度目の検診を受けた。
そこでは無事に成長していることがわかり、
その上、初めて心拍音を聞かせてもらった。
子宮頚管ポリープのせいだと分かっていても、毎日少量の出血がある状態なので、検診の度に胎児が無事生きているか、成長しているかが不安で仕方がなかったのだ。

しかし…… 検診をした2日後、突然鮮血がダバーーと出た。
生理2日目ほどではないけど、3、4日目といったところか……
その上、肉の塊まで出てくる状態。
正直私は大パニック。
上記で書いていたように、私のかかりつけの産婦人科は、片道3時間の産婦人科しかないのだ。
これは、切迫流産かもしれない、と思い、それ以降は安静にしていた……
同時に、胎児の心音を聞くための、心音計をネットで購入。
産婦人科にすぐ飛んでいきたいけれど、
もしも切迫流産ならば、片道3時間の移動だけで流れてしまうかもしれないし、
そもそも切迫流産は、安静にしていることが治療、ともいうので、
素人判断ではあるものの、無理に産婦人科には行かず、自宅で安静にしていた。

ちなみに、当時の胎児の大きさは7cm。
出てきた肉の塊は、小指の爪ぐらいの大きさなので、0.7cm〜1cm。
明らかに大きさが違うので、肉の塊は胎児ではないことは分かってた。

心音計は嬉しいことに次の日には届き、早速心音計を使ってみることに。
そうしたら、無事にお腹の中から胎児の心音がはっきりと聞こえました。
保険証の関係で、妊娠12週に再度実家近くの産婦人科で受診。
胎児は無事に大きく成長していました!

お医者さんは言わなかったけれど、
たぶん、あの鮮血は、子宮頚管ポリープが破れた時の出血だと思う。
赤ちゃんを殺してしまった……、と真っ青になったけれど、
ポリープからの出血と確信が持てたので、一安心でした。

無事に妊娠中期へ

妊娠16週を迎えて、ようやく妊娠中期へ。
妊娠中期になっても、相変わらずつわりは続いていたのだけれど、
自分の体調の調整ができるようになってきたので、あまり心配はなくなった。
食べられても晩ご飯だけなのは相変わらずだけど……
よっぽどのことがない限り、吐かなくなったからね。
妊娠17週に入って急激にお腹が大きくなりだし、
だんだん妊婦らしい体型へ。
このまま無事に出産できますように……
五体満足で生まれますように!

気がつけば、あっという間に妊娠7ヶ月

あまりにも長文だったため、記事を寝かせて、追記して……
とやっているうちに、妊娠7ヶ月に突入しました。
サボり過ぎだね!!
おサボりしている間に、私も旦那も新卒で入社した会社を退職。
退職と同時に、旦那を連れて、私の実家へお引っ越し。
旦那は会社で心身ともに疲れ果ててしまっていたので、1ヶ月間の休養期間を経て、
今は、家の近くのIT企業に再就職し、働いています。
私も本当はパートに出たかったんだけれども、
如何せん、妊婦って体調が安定しないのね……
「安定期」なんてなかったんや……
子宮頚管ポリープからの出血はあるし、
腹痛、お腹の張りはあるし、
お腹が大きくなってきたら、今度は胃が押されて逆流性食道炎を起こすし、
胎動が可愛いのは、初めて感じた妊娠19週から2週間程度で、
それ以降は、腹の内側から鉄球を投げつけられてるような衝撃がくるしで、
寝たくても眠れない、動きたくても動けないような日々を送っております。
入院していないのだけが唯一の救いかな。
本当にこのまま、順調に成長して、無事に出産を迎えたいです。

占い師の活動について

ココナラの方で、出品者ランクがマスター1に昇格したこともあり、
1週間占い放題が大繁盛しております。
ありがとうございます!!
……そして問題になってくるのが、私のキャパシティの問題。
占いに慣れれば慣れるほど、見えてきてしまう相談者側の事情なんですが、
その分、文章作成に物凄く時間がかかるんですね。
本当に診断結果だけならば、1通30分程度で終わるんですけど、
カウンセリングのような話も含むと、2時間ぐらいかかってしまうんですよね……
とはいえ、この姿勢はあまり変えるつもりがないので……
ココナラの方は値上げに踏み切りました。
ブログの方は、まだまだ知名度が低いですし、変わらずこの値段のままの予定ですが、
ココナラの方から流れてくるようになったら……
一週間1000円の所を、1500円ぐらいまではあげるかもしれないです。
出産したら、育児でどのくらいのクオリティで占えるのかが分からないので、
ちょっと不安な部分も大きいのですが、
不安がってても、前には進めませんからね!!!
出産も、育児も、占いも、変わらず頑張っていきたいと思います。
変わらず、よろしくお願い致します!