タロットカード:小アルカナ カップのエース

f:id:liyracat:20170505102647j:plain:w300

最新更新日時:2017/05/07

タロットカードの絵の解説

絵から感じるストーリー

水が溢れた聖杯

雲の中から聖杯を手にした腕が出てきている。
その聖杯からは水が噴水のように溢れ出てきている。
水は愛情の象徴だ。
それが溢れているという事は、愛情も溢れ出るほど豊富にあるということだ。

水の中に飛び込む白い鳩

白い鳩が聖杯の中に入ろうとしている。
丸くて白いパンを、十字が刻まれたパンを咥えて入ろうとしている。
白い鳩とは純粋さの象徴である。
また、鳩は一度番いになると生涯を共にするという。
故に愛情の象徴ともなっている。
そのような鳩が聖杯の中に入ったのなら、
純粋な愛情を世界に届ける奇跡の水となるのだ。

水面に咲くハスの花

聖杯の下には湖が出来ている。
その湖の水面にはハスの花が咲いている。
ハスとは泥の中から真っ直ぐ伸び綺麗な花を咲かせる。
その事から、欲にまみれていない純粋さを表すシンボルとなっている。
聖杯から溢れた水に触れたものは、
泥(穢れ)を落とし、清らかな花(心)を咲かせる事を意味しているのだ。

水浸しの世界

水浸しの世界を見て
ノアの箱船の世界」を真っ先にイメージしたのは私だけだろうか?
地上に蔓延った悪を一掃するために、ノアの箱舟に純粋な種族の番いたちのみを乗せて、
一度世界を滅ぼした話。
ノアの箱舟に乗った者たちだけが生き延びた話。
まるでそれを表しているかのように見えるのだ。
その水が引いた事を確認するために、鳥を使った辺りまでは覚えている。
その鳥が見つけたのが、この聖杯を持った神の腕。
神は愛で世界を包みたかった。
純粋な世界を築きたかった。
そんな訴えかけを感じる絵なのだ。

象徴

  • 白 = 純粋
  • 鳩 = 生涯を共にする
  • ハス = 清らかな心

一般的な意味

正位置

  • 真心
  • 人を深く愛する

逆位置

  • 心に余裕がなくなる
  • 邪な心を持つ

リーディングのコツ

火・水・風・土であれば、
私は水属性であると思っている。
実際自分のことを占うと、カップのカードが多いのだ。
愛情は……もちろん、あるつもりだけれど、
純粋さと言うか、真っ直ぐさと言うか、
例え騙されることになったとしても、私が貫かなきゃならない軸のスートは、カップだと感じている。
このカードは「純粋」や「愛情」の源だからね。
もしも対策のカードでこのカードが出てきたのならば、
隣にいる人に愛情のおすそ分けをした方が良いのだろうね。

ワンオラクルでこの出た日の様子

coming soon…