読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タロットカード:大アルカナ 正義

f:id:liyracat:20170324193625j:plain:w300

最新更新日時:2017/03/24

タロットカードの絵の解説

絵から感じるストーリー

剣と天秤を持つ女性

左手で剣をまっすぐと天へと構え、
右手で天秤を平衡を保たせている。
深々と座りまっすぐ私たちを見つめる女性。
彼女は、善悪を判断し、裁きを下す人間である。
その彼女を前にした私たちは、
真実を話さずにはいられなくなるのだ。

剣の存在

剣は一体何のために存在するのだろうか。
もちろん、悪い行いを裁くためだ。
女性にしては大きな剣である。
きっと容赦なく、その剣で振りかかって来るだろう。
しかしながら、裁くためだけに使われるのではない。
悪い事柄を「断ち切る」ためにも剣は必要である。
同じ悪い事柄であっても、
自分が100%悪いものと、行わざるを得なかった事があるだろう。
前者ならば容赦なくその身を切られるだろうが、
後者の場合は、きっとその行わざるを得なかった「理由」を断ち切るだろう。

天秤の存在

この天秤は罪を測る天秤のようだ。
100%悪いことであれば、その身を切られる。
しかし、行わざるを得なかった場合には、
その「理由」を断ち切る……
しかし、物事にはいつだって「100%」なんて無いのだ。
たとえ行わざるを得なかったとしても、
それは罪であることには変わりは無いのだ。
だから罪を償わなければならない。
償って新しい人生を歩まなければならない。
その罪の償う量を、この天秤によって測るのだ。

彼女の座っている場所

女司祭と同じような構図となっていることに気づいただろうか。
女司祭は背後の布の更に向こう側に、水平線が見えていた。
つまり、海を背にしていたのだ。
正義はどうだろう?
水平線も見えない。何も見えない。
見えるのは黄色い空だけ……
黄色の空は朝日を示す。
始まりの光だ。救いの光だ。
女司祭は何のために海を背にしていたんだろう?
陸と海の境界を示すためだ。
それならば、正義は……?
きっと、自らの罪から救われるためには、
この正義を司る女性に対して、
全てを告白しなければならないようだ。

象徴

  • 剣 = 裁き・悪を断ち切る
  • 天秤 = 罪の重さを測る

一般的な意味

正位置

  • 正しい判断を行う
  • 自らに素直に生きる

逆位置

  • 公平さに欠ける
  • 人を欺く

リーディングのコツ

最近良く見かける正義のカード。
それだけ罪悪感に苛まれている人が多いということだろうか。
どうしても正義のカードが出てくると、
天秤を思い浮かべてしまって、
節制とどのように違うのだろう?
と悩んでしまう。
けれどやっぱり節制と違うところは、
善悪の判断を経た上で、行動をするところなのかな。
節制は、倹約家なイメージが強いからね。
どちらにせよ、正義のカードが出たときは、
「取るべき行動を取りなさい」
と強く言うしかないのだろうなぁ。
もしそれに逆らったら……
……やっぱり正義を司る女性に裁かれるのかな……

この正義を司る女性のことを、
最初は男性だと思っていた。
この記事を書く上で調べていたら、
女性であることが分かった。
しかも裁きの女神様だった。
失礼致しました。裁かないでください。

ワンオラクルでこの出た日の様子

coming soon…