タロットカード:小アルカナ カップのキング

f:id:liyracat:20170505104852j:plain:w300

最新更新日時:2017/08/10

タロットカードの絵の解説

絵から感じるストーリー

王座に深く腰を掛けて未来を見据える王

固い表情のまま、遠くを見据えるカップの王。
もちろん彼は、怒っているのではない。
この国の未来を真剣に考えるからこそ、
このように表情が硬くなっているのだ。
感情というのは、海の波のように変化が激しい。
例え荒れ狂っていたとしても、王はそれを鎮めなければならないのだ。

青い服に身を包む王

青い服に身をまとう姿から考えられるのは、
この王は知的である王であることが分かる。
また、「魚」が様々な装飾に使われている。
首飾り、靴の柄……
魚とはキリスト教のイエスを指すのだとか。
そのことから、現世よりも精神世界を重んじる王であることが分かる。
また、性別こそ違う者の、雰囲気は大アルカナの女司祭と似ているものがある。
女司祭が助言者であれば、
カップの王は、その助言を元に実際に行動に移す者であろう。
また、金色のマントを羽織っているが、
金色は天からの祝福を表す色である。
精神性……つまり感情を重視する政策を行いながらも、
天の祝福を受け、成功を治める優秀な人物であることが分かるのだ。

背後にある赤い貿易船

王の背後に赤い貿易船がある。
赤とは情熱を表す色。
青に身を包んでいるカップの王に赤い色というのは、不思議な印象を受けるだろう。
もちろん感情を優先して動く王ではあるものの、
情熱的な人物であるかと言えば、そうではない。
基本的に心穏やかで、平穏を好む人物である。
それでも、外部から入り込んでくる刺激(赤い色)を排除することなく、
平和に交渉を行い、柔軟に対応をする器のある人物であることを伺わせる。

象徴

一般的な意味

正位置

  • 優しい父親
  • 寛大な男性

逆位置

  • 優柔不断
  • 女性のリードが必要な男性

リーディングのコツ

カップのキングだけやたらと書くのに時間がかかった理由は……
資料が少ないっ!!!!!
コートカード自体、捉え方が難しいと感じているのだけれど、
特にカップのキングは、「カップを持っている」「赤い船がある」以外、
目立った象徴がない気がする。
あの分厚い象徴辞典でも、カップのキングは書かれている量が少ないし、
「優しい男性」というイメージ以外、
あまり考えられていないカードなのかもしれない。
もっとカードと仲良くなったら、感じるものも増えるのかしら?
説明するとなるとなかなか難しいカードだと思う。

ワンオラクルでこの出た日の様子

coming soon…