読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タロットカード:小アルカナ ワンドのナイト

f:id:liyracat:20170422004132j:plain:w300

最新更新日時:2017/04/26

タロットカードの絵の解説

絵から感じるストーリー

大きく力強い馬を操る騎士

甲冑を纏い、短いワンドを持った騎士が、馬にのって駆けて行く。
馬は前足で宙をかくほどの勢いで、猛進している。
遠くにピラミッドが見える。
ワンドの国のものだ。
騎士と馬は、急いで王の元へ帰っているところなのだ。

馬と騎士の一体感

馬の行動は騎士の心を表している。
騎士本人は平静を装っているが、
心の中では、とても焦っているのだ。
その証拠に、馬の前足で宙をかくなど、
無駄な労力を使っている。
国にとって、大変な情報を持ち帰っているのだ。

過去へ向かって走っていく

王を守るために騎士は存在している。
それなのにも関わらず、この騎士は「未来」ではなく、「過去」を見ているのだ。
その証拠に、彼は左方向を向いて走っている。
彼が持っている情報と言うのは、過去の出来事に関する情報なのだろう。
この国の未来を導く物ではなく、
過去に行った結果、や、歴史を繰り返す、など、
視線は全て過去に向いている。
情熱が高ぶりすぎると、視野が狭くなるというが、
彼はまさに、そのような状態に陥ってしまっているのだろう。

象徴

  • 黄色地にサラマンダーが描かれている服 = ワンドの国の人物
  • 馬 = 情報の伝達
  • 左方向 = 過去

一般的な意味

正位置

  • 情熱的
  • 自信に満ち溢れる

逆位置

  • 無鉄砲
  • 衝動的に行動する

リーディングのコツ

騎士って、王に対して従順なイメージが強い。
それが悪いとは言わないけど、どうしても、融通が利かないイメージが強いのだ。
ゲームのやりすぎかね?
特にワンドは情熱とか正義とかに対して真っ直ぐなんだよね。
真っ直ぐで有限実行を目指すんだけれど、
それゆえに周囲の様子が見えていないカードが多い。
一応、ワンドの10のあの有様が、ワンドにとっての「完成形」らしいからね。
正直、よい形ではないと思うのだ。
でもワンドっていうのは、エネルギーに翻弄されやすいため、
扱いに注意をしなければならないカードだと思う。
まさに翻弄されているのが、この騎士……ナイトだと思う。
良い時は真っ直ぐでかっこよくて素敵な人なんだけどね。
悪い方向に見ると、気を使えないし先を見ない身勝手な人に見えるのだろう。

ワンオラクルでこの出た日の様子

coming soon…