タロットカード:大アルカナ 皇帝

f:id:liyracat:20170319101833j:plain:w300

最新更新日時:2017/03/19

タロットカードの絵の解説

絵から感じるストーリー

一人で山の頂上に座っている男性

甲冑を着た男性が座っている。
名前の通り、皇帝なのだ。
しかも皇帝としてふんぞり返っているのではなく、
自らも戦場に赴くような皇帝だ。
険しい表情で戦場を見つめる彼は、
一体何を考えているのだろうか。

何故「山」にいるのか

山も立派な資源だ。
戦争を行うのであれば、鉄が必要だ。
鉄を得るためには、鉄鉱山が必要だ。
彼は、そんな山を所有しているのだ。
この土地自体は食べ物は育てられないかもしれない。
しかし「強さ」があれば、領土を広げることができ、
広げた領土で食料を得ればよい。
まず領土を広げるためには「鉄」が必要なのだ。
武器が必要なのだ。

世界統一を志す皇帝

自分の生活を楽にするためだけに、領土を広げるわけではないだろう。
それは彼が持っている杖を見てほしい。
エジプトにおける生命の象徴「アンク」の杖を持っている。
つまり、彼もまた女帝と同じ「子孫繁栄」を目指しているのである。
彼の領土に彼の子どもたちが、平和に暮らしていけるような、
そんな世界を望んでいる。
そのために、力で平和を手に入れようとしているのだろう。

また「子孫繁栄」の中でも特に彼は、
「始まりの人」になりたいようだ。
彼の椅子には4匹の羊の頭が彫られている。
羊は占星術で「始まり」を表すのだとか。
きっと彼は、どんなに子どもたちがせがんでも、
この王座を譲ることはしないのだろうな。

女帝と正反対な皇帝

同じことを目標としているのにも関わらず、
皇帝は女帝と全く正反対のカードであると思う。
まず「性別」が異なる。
男と女。当然だ。
それ故か単純に、
皇帝は父親、女帝は母親を示すなんて考え方もある。
そして「平和の手に入れ方」が違う。
皇帝は「攻撃」で平和を手に入れようとしている。
女帝は「防御」で平和を手に入れようとしている。
こんなにも思想が真っ向から違うのだから、
きっとライバル関係にあるに違いない。

しかしそんな2人が手を取り合ったらどうなるだろうか?
子孫繁栄のために領土を広げることは、どうしても必要になる。
平和を手に入れるためには、領土を手に入れなくとも、
同じ思想を掲げる必要がある。
そのためにはどうしても「力」が必要になるのだ。
つまり「皇帝」の存在が大切になる。
そして、手に入れた領土に住む人たちはどうなるだろう?
素直に皇帝のいうことを聞くだろうか?
いや、聞かないだろうね。
そこで「女帝」の登場だ。
飢えを感じさせない豊かさで、民の心を満たすだろう。
つまり、外に向けての統治は「皇帝」
内部での統治は「女帝」

この2人は、やっぱり父親・母親で、夫婦なのかもしれない。

象徴

  • 山 = 武器の生産
  • アンクの杖 = 生命の象徴
  • 羊 = 始まり

一般的な意味

正位置

  • 威厳のある人
  • リーダーシップの発揮

逆位置

  • 信頼を失う
  • 優柔不断

リーディングのコツ

女帝が愛ならば、皇帝は威厳、かな?
基本的に女帝と同じなのだろう。
こっちは男性ならば是非出てきてほしいカードNo.1!
とはいえ、正直自己中心的なイメージを抱いている。
男性という意味では魅力はあるんだけど、
目的達成のためには、手段を選ばない気がするんだよね。
押しが強い、っていうのかな。
例えば、会社で商談があって、意地でも契約しなきゃならない時に、
皇帝が付いてると、とても心強いだろうね。

とは言えやっぱり人間味はないから、
本当にこの方向性で引っ張っていいのか、
本当に押し切ってしまっていいのか、など、
いつも以上に周囲からの声を聞き入れるように
気を付けた方がいいような気がする。

ワンオラクルでこの出た日の様子

coming soon…