タロットカード:小アルカナ カップの2

f:id:liyracat:20170315085653j:plain:w300

最新更新日時:2017/03/14

タロットカードの絵の解説

絵から感じるストーリー

2人の男女の関係

2人の男女が描かれているカップの2
この2人はカップを持って、何を行っているのだろうか?
実はこのタイミングでは、
2人は初めて出会ったのだ。
「貴女のお名前を教えてください」
そう言って男性は、女性に手を伸ばしているのでしょう。

広告

ここから動き出す2人の運命

服装を考えると、2人は同じ町に住んでいるのではないだろう。
たぶん、男性は旅人で、
その旅先にいたのがこの女性なのだと思われる。
だから、この二人が出会ったのは、
偶然なのだ。
実はこの二人、俗に言う、運命の赤い糸で結ばれている。
だから、カップの2というのは、
運命が動き出したその瞬間を表している。

謎の浮遊物体

嫌でも目につくのがあるだろう。
翼の生えたライオンの頭と、
2匹の蛇が巻き付いた杖。
一体こいつは、何なのだ!?!?
どうやら、神話に出てくる
ケリュケイオンの杖」のようだ。

ケリュケイオンの杖

このケリュケイオンの杖の持ち主は、ヘルメスだ。
旅行と商売と情報の神である。
昔は行商人が各地方を回りながら、いろんな情報を伝えてまわっていたため、
行商人 = メッセンジャー
という捉え方があるようだ。

何を伝えにきたか?
もちろん「2人の運命」についてだ。
2人は自分たちの運命に気がついていない。
だから、自然と行動してしまった男性のアプローチに対して、
女性は少し警戒している。
しかし、ヘルメスのメッセージを聞いた2人は、
お互いのことについて語らう事になるのだろうね。
そしてこの女性は、この男性と旅立つのでしょう。

杖についているライオン

ケリュケイオンの杖にライオンはついていない。
少なくとも私が調べた資料にはついてなかった。
だからこれは、ウェイトさんがアレンジした部分なのだろう。
もちろん、意味を持たせて。

ライオンについては、たぶん、大アルカナの力を表しているのだろう。
「強さ」だ。
大アルカナが示している「強さ」とは、
弱者を従わせるための「強さ」ではない。
強者も弱者も関係なく、愛で平和を手に入れる「強さ」
辛いこともあるだろう。
悲しいこともあるだろう。
そんな事があったとしても、憎む事なく、愛情を持って接する……
そんな強さだ。

結婚式でもよく誓いの言葉で言うだろう。
「健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、
富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、
これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」
と。
まさに、この事だと思う。
この2人は運命で結ばれた2人だ。
この場で、誓いこそしないものの、
将来的には誓うことになるのだろう。

象徴

一般的な意味

正位置

  • 良縁
  • 安心
  • 未来への希望

逆位置

  • 悪い縁
  • 不安
  • 悪い出来事の兆候

リーディングのコツ

基本的にこのカードは
「出会い」がキーワードになっている。
だからこのカードが出たときは
「何か出会いがあるんですねー」
と思う。
逆位置が出たら、
「悪い友人に気を付けた方がいいねー」
と思う。

ただ、このカード自体は「恋愛」のカードではないと思うのだ。
縁にもいろいろあるからね。
企業、医者、不動産……
いろんな「縁」があると思っている。
そういうのをひっくるめて
「出会いがある」
と思ってる。

とはいっても、恋愛に関する占いの依頼が多いからね。
よく見るカードの一つになっているね。

ワンオラクルでこの出た日の様子

coming soon…

広告