占い鑑定の「テーマ」について


リラ猫のタロットハウスの初アプリがリリースされました!

「リラ猫のワンオラクル」を使って、日々の悩みを占おう!

Google Play で手に入れよう

占い鑑定を行う際に「テーマ」という概念が必要になります。

各サービスに、鑑定可能なテーマ数に上限がありますが、テーマという概念が分かりづらい物です。

占い鑑定時には、ご相談内容を拝見した上で、リラ猫からテーマについて案内を致しますが、ご相談前に大まかなテーマ数について知りたい方もいらっしゃると思います。 そのため、本記事で定義と具体例を併せて紹介いたします。

基本的な概念

1テーマは1つの悩み・願望を表します。

大枠の「恋愛」「仕事」というような括りではなく、もっと具体的な言葉に落とし込んだ悩み・願望を1テーマとして捉えています。

テーマの導入理由

テーマという難しい概念を導入した理由は、 ご相談者様にご自身の悩みに向き合ってから、占いを利用していただきたいからです。

「幸せになりたい」という願望1つとっても、

  • 他者と一緒にいる事が幸せ
  • 1人でゆったりとした時間を過ごせることが幸せ

など、人によって「幸せ」の定義が異なります。

その幸せの定義は、是非ご相談者様自身に考えていただきたいのです。

そのため「幸せになりたい」がテーマではなく、インドアなリラ猫でしたら、「1人でゆったりとした時間が欲しい」が願望になります。 更に深堀をすると「仕事を効率よく行いたい」「育児を効率よく行いたい」と繋がってきます。

テーマの切り分け方

  1. 自分がどの価値観(プライベート、家族、友達、仕事等)から悩んでいるか
  2. 占いたい対象(人、仕事、未来等)
  3. 占いたい対象の意識が向いている事柄(人、仕事、未来等)

上記の3つが一致している場合は、1テーマとして占います。

「占いたい対象」と「占いたい対象の意識が向いている事柄」のくくり

2.と3.については大まかに3種類のくくり方があります。

  • 特定の人物
  • 特定のグループ
  • 特定の事象・イベント
特定の人物

対象がたった1人の場合に「特定の人物」として占います。

名指しでも構いませんし「気になるあの人」のような漠然としたイメージでも構いません。 「未来の恋人」などもここに所属します。

「感情」「人物像」「対策」「未来」など具体的な事柄を占う事が可能です。

特定のグループ

対象が複数人おり、一般的に団体の名称がついている場合に当てはまります。

例えば「仲良しグループ」「職場の人たち」「家族」「勉強会の仲間」などです。

このグループはあくまでも複数人であるため、占い結果も全体の平均を取る事になります。 「感情」「対策」「未来」は平均となりますので、グループの中の特定の人物のことについて占われる場合には、別テーマとして計算されます。

「親しい女友達」というようなグループの場合、「この中から恋仲に発展させたい人物はいるか」という質問はグループのまま占う事が可能ですが、「親しい女友達の中で恋仲に発展させたい人物に対する気持ち」となりますと、特定の人物となり別テーマになりますのでお気を付けください。

特定の事象・イベント

対象が人ではない場合にこれが当てはまります。

「結婚」「離婚」「転職」「進学」「仕事のプロジェクト」「家族旅行」「デート」などです。

これは「対策」「未来」などを占う事ができます。 「仕事を止めたいです。転職した方が良いですか?」「進学すべきか就職すべきか悩んでいます」「仕事は無事に成功しますか?」というような占いが行えます。

「この人と結婚をする事で幸せになれますか?」という質問は「この人」という特定の人物がおりますため、別テーマになります。 「家族旅行は成功しますか?」でしたらこのテーマで占えますが「家族旅行で私と旦那の親睦を深める事はできますか?」というような質問ですと、家族旅行に対する占いではなく、旦那様から相談者に対する気持ちの占いになりますため、別テーマになります。

具体的なテーマの切り分け方

ここで挙げる例は、悩みに対しての最大のテーマ数です。

もちろん、質問を減らす事により、同等の悩みであってもテーマ数を減らす事は可能ですので、調整or相談をお願い致します。

恋愛

彼氏の関係を修復と新たな出会い

悩み

現在彼氏と喧嘩をしています。 関係を修復したいと考えてはいますが、何度目かの大喧嘩ですので、正直別れた方が良いのではないかと感じています。

彼氏との関係を修復しつつも、他の人との縁を探したいと思います。

テーマの切り分け : 2テーマ
(恋愛)彼氏→自分
  • 自分の価値観 : 恋愛
  • 占いたい対象 : 彼氏
  • 占いたい対象の意識 : 自分

具体的な質問例

  • 「彼氏の私に対して感情は?」
  • 「彼氏との未来は?」
  • 「彼氏と喧嘩を避けるための対策は?」
  • 「彼氏とすんなりと別れる方法は?」
(恋愛)未来の彼氏→自分
  • 自分の価値観 : 恋愛
  • 占いたい対象 : 未来の彼氏
  • 占いたい対象の意識 : 自分

具体的な質問例

  • 「出会いはいつ頃?」
  • 「その人の性格は?」
  • 「その人と会うために取るべき行動は?」

不倫相手の女関係

悩み

不倫相手の男性は、離婚すると言っていたのに奥さんと離婚してくれません。 しかも、どうやら他に2人の女性と関係があるようです。 私だけを見て欲しいのに、見てくれないです。

テーマの切り分け : 3テーマ
(恋愛)不倫相手→自分
  • 自分の価値観 : 恋愛
  • 占いたい対象 : 不倫相手
  • 占いたい対象の意識 : 自分

具体的な質問例

  • 「不倫相手の私に対する気持ちは?」
  • 「不倫相手と私は結ばれるの?」
  • 「不倫相手にとって私は何番目の女なの?」
(家族)不倫相手→奥さん
  • 自分の価値観 : 家族
  • 占いたい対象 : 不倫相手
  • 占いたい対象の意識 : 不倫相手の家族

具体的な質問例

  • 「不倫相手は奥さんと離婚してくれるの?」
  • 「不倫相手は奥さんを愛しているの?」
  • 「不倫相手は奥さんとの関係は?」
(恋愛)不倫相手→浮気相手
  • 自分の価値観 : 恋愛
  • 占いたい対象 : 不倫相手
  • 占いたい対象の意識 : 浮気相手

具体的な質問例

  • 「どうしたら不倫相手は他の女から離れるの?」
  • 「どういう場所で他の女たちと出会うの?」
  • 「他の女たちの中に本命はいるの?」

仕事

上司3人との折り合いが悪い

悩み

上司が3人いますが、派閥があるため上司3人からバラバラの作業指示をされます。 そのため、時折混乱をしてしまい怒られる事が多々あります。 身の振り方を改善したいと思っていますが、上手く行きません。

また私も上司3人の不仲には困らされていますため、どうにか仲良く出来ないものかと模索しています。 アドバイスをお願いいたします。

テーマの切り分け : 4テーマ
(仕事)自分→職場全体
  • 自分の価値観 : 仕事
  • 占いたい対象 : 自分
  • 占いたい対象の意識 : 職場全体

具体的な質問例

  • 「仕事の混乱を防ぐための方法は?」
  • 「上司の不仲を解消するためには?」
  • 「職場で気持ちよく過ごすための心構えは?」
  • 「転職をすべきか?」
(仕事)上司A→自分
  • 自分の価値観 : 仕事
  • 占いたい対象 : 上司A
  • 占いたい対象の意識 : 自分

具体的な質問例

  • 「上司Aからの私の評価は?」
  • 「上司Aと気持ちよく過ごすためには?」
  • 「上司Aの仕事での悩みは何?」
(仕事)上司B→自分

上司Aへの対策と同様

(仕事)上司C→自分

上司Aへの対策と同様

家族

3兄弟の子育ての悩み

悩み

子どもが3人いますが、就活・受験が重なり、家族が全体的にピリピリしています。 何とか子どもたちのために、せめてピリピリした雰囲気を和らげたいです。

テーマの切り分け : 2テーマ
(家族)子どもたち→未来
  • 自分の価値観 : 家族
  • 占いたい対象 : 子どもたち
  • 占いたい対象の意識 : 未来

※「子どもたち」という括りで個別で見ないのであれば、1テーマとして占わせていただきます。個別にみる場合は人数分のテーマ数です。

具体的な質問例

  • 「子どもたちの勉強などは順調なのか?」
  • 「子どもたちは無事に望む未来を手に入れられるのか?」
  • 「子どもたちはどのような気持ちで今を過ごせばよいのか?」
(家族)子どもたち→相談者(親)
  • 自分の価値観 : 家族
  • 占いたい対象 : 子どもたち
  • 占いたい対象の意識 : 相談者(親)

※「子どもたち」という括りで個別で見ないのであれば、1テーマとして占わせていただきます。個別にみる場合は人数分のテーマ数です。

具体的な質問例

  • 「親として子どもたちの夢を応援するために出来る事は何?」
  • 「夢に向かうために親に改善して欲しいことは何?」
  • 「子どもたちは親をどう思っているの?」

旦那との関係

悩み

仕事が忙しいという理由で、旦那の帰りがとても遅く、私や子どもたちとの会話が少なく「父親」として接することが出来ていません。

テーマの切り分け : 2テーマ
(家族)旦那→子どもたち
  • 自分の価値観 : 家族
  • 占いたい対象 : 旦那
  • 占いたい対象の意識 : 子どもたち

具体的な質問例

  • 「旦那は家族についてどのように考えているの?」
  • 「子どもたちに『父親』として見てもらうために、旦那がとるべき行動は?」
  • 「旦那はどんなお父さんになりたいと思っているの?」
(家族)旦那→相談者(妻)
  • 自分の価値観 : 家族
  • 占いたい対象 : 旦那
  • 占いたい対象の意識 : 相談者(妻)

具体的な質問例

  • 「旦那は疲れ果てて仕事から帰ってくるが、妻として出来る事は?」
  • 「旦那の望む妻像とは何?」
  • 「旦那は私を愛している?」