トレード反省会:2021/02/02 0円


リラ猫の研究室の初アプリがリリースされました!

「リラ猫のワンオラクル」を使って、日々の悩みを占おう!

Google Play で手に入れよう

本日の損益は0円です!

トントンだね!

本日は利益をしっかり出したのですが、同時にチャレンジもし損をしました。 なので、トントンです。

本日の銘柄とトレード内容

前日の繰越

  • なし

本日の取引

  • (9878)セキド 買 1007円/株 100株
  • (9878)セキド 売 999円/株 100株
  • (4764)NexusB 買 258円/株 200株
  • (4764)NexusB 売 258円/株 200株
  • (5816)オーナンバ 買 510円/株 100株
  • (5816)オーナンバ 売 514円/株 100株
  • (4582)シンバイオ製薬 買 813円/株 100株
  • (4582)シンバイオ製薬 売 820円/株 100株
  • (6338)タカトリ 買 756円/株 100株
  • (6338)タカトリ 売 747円/株 100株
  • (4005)住友化 買 511円/株 200株
  • (4005)住友化 売 514円/株 200株

取引反省会

セキド -800円

反省点

  • 私にとっての利確・損切りラインがセキド株にとって誤差の範囲内だった
    • やや下の値段を買ったはずが秒で到達し、そのまま損切りラインまで突き抜けていった
    • 所持時間2秒となかったのでは……

売買のその後とコメント

まさか秒で-800円になるとは思わないじゃないですか……

ちなみに即買即売してしまった後、今度はそのまま折り返して上昇し、今度は指定していた利確ラインを突き抜けていきました。

つまり、私が指定していたラインは誤差の範囲内だったということですね。

額が大きくなれば1円あたりの割合が小さくなります。 つまり、普段200円〜500円の世界で取引している人間にとって1000円台の株というのは、2倍〜5倍のリスクを負わなければならないということですね。

普段の私の損切りラインは-10円/株…… つまり-1000円です。

1000円台の株で取引を行いたいのであれば、-2000円〜-5000円を許容できる必要があります。

現在私の総資産は10万円で、1000円は1%にあたります。 5000円が1%になるためには、総資産が50万円必要ですね。

つまり、私が手を出すにはまだまだ早かったということです。

入場資格が20万円、一通りやりあえるのが50万円、というところでしょうか。

ひとまずは資金を増やさないとお話にならないですね。

NexusB 0円

反省点

  • 買シグナルをよく確認せずに買ってしまった
    • セキドの次の取引先を決めていなかったため焦っていた
    • ボックス状になってるからいけるだろうと楽観視した

売買のその後とコメント

秒でマイナスになった取引自体にはそんなに動揺しませんでしたが、次の取引をどうしようか全く考えられていなかったので焦ってました。

なんたって、デイトレーダーは朝の1時間が勝負ですから。 売りは午後でも、買いは絶対午前中です。

焦っていた気持ちが、自分が決めた買いタイミングを無視させました。 結果的にやや上昇し損切りラインを購入額まで引き上げていたため損失は0円で済みました。

オーナンバ +400円

反省点

  • 連続の取引の失敗のため、利確ラインを下げすぎた
    • とにかく利益を確保することを優先したが故に、大きく上がる波の途中で降りてしまった

売買のその後とコメント

そのまま波に乗り続けられていれば+4000円でした。 なんて惜しい事を……!

本日はまた怖がりな私に戻ってしまったようです。

買うタイミングは良かったのですが、売るタイミングがもったいなかったです。

シンバイオ製薬&M +700円

反省点

  • 底値を買えた
    • しっかりと買いタイミングで購入できた
  • 利確が早まってしまった
    • 損切りラインに達していない&売りポイントも迎えていない状態で売ってしまった

売買のその後とコメント

前の取引の反省を活かして、買いタイミングを忠実に守りました。

ただ、利確に関しては50点といったところでしょうか。

売りポイントについても、正直迎えることなく下落していってしまっていたので、売りそのものは正解だったかなと思います。 ただやはり、自分が決めたルールを守れていないメンタルになってしまっていると痛感しました。

とはいえ、売りタイミングをミスしているわけですから、シグナルを考え直したほうが良さそうですね。

タカトリ -900円

反省点

  • 資金がないのに日跨ぎが可能な銘柄に手を出してしまった
    • それなりに値段のブレがあるはずなのに、損切りラインをデイトレと同じ幅で設定してしまった
    • 資金がない=リスクに晒すことができないお金が少ない、ということであるため、そもそも時期でなかった

売買のその後とコメント

あまり動きのない銘柄かつ「月足」が右肩上がり一直線の銘柄を選びました。

……が、日をまたぐ前に損切りラインに達してしまい自動で売買されてしまいました。悲しい。

私が手を出すには早い銘柄だったのだと思います。 実際、購入したらその後は一切資金を動かせなくなってしまったので。 もう少し資金を投入できるようになったら日跨ぎの投資を考えようと思いました。

住友化 +600円

反省点

  • ボックス上に動いていたところの底値で買えた
    • 買いタイミングを守れた

売買のその後とコメント

本日はチャレンジをしたことにより損失があったため、それを取り戻そうと思いましたがいい時間なのですぐには動けず……

この銘柄は昨日から目をつけていたのですが、上がる可能性が高い銘柄であるため日跨ぎ覚悟で購入しました。

結局、「上がる!」と思っている富豪さんがいたのか、大引け直前に143万株買われていき、そのまま私も売却となりました。

デイトレーダーとしての目的は達成できたし、これはこれで良かったのかもしれません。 寄せ前の価格乱高下に上手く乗るためにはできれば買いから入りたいので。

明日の作戦

死守ルール

  • 売るときはW指値を使う!
  • 買いタイミングを守る!

分析手法

今の私の課題は売りタイミングです。

資金が少ないので、1銘柄は1日1回までしか購入できません。(買い直しができない)

……というプレッシャーが正直あるんですが、資金がない身分で利確よりも利益を優先するのもどうかとは思いますね。

とはいえ、やっはり「売りポイントだ!」というタイミングで売ることができていない現実もあるので、基準を定める必要があって……

基本的に株は下がったら上がります。上がったら下がります。

基本的に恐怖心の方がまさるので、平常時・下降トレンド時には下がりのほうがきつくなると思いますが、上昇トレンドの時は同じところかそれよりやや上まで戻ってきます。

移動平均線の中期・長期の線をみてトレンドを把握し、ストンと一気に下がったタイミングの次の底値で購入した場合は、その落ちる前の額と同じところに利確ラインを置こうと思います。

物は試しです。いろいろ挑戦してみようと思います。

本日のつぶやき

誰を信じるかではなく、どの発言を信じるかが大切である。

人は利がなければ動かないですし、自分が得ている恩恵の裏には必ず「利」が存在することを認識すべきと思っています。

常に人を疑ってかかれ、という意味ではなく、そういった事実があることを忘れてはいけないと思っています。

「人」単位で信じると、その人の意志次第では裏切られたり陥れられたりもするでしょう。 勝手に期待をしてしまうこともあるでしょう。

しかし「発言」を信じるのであれば、そこに相手も自分も意思は介入できません。

発言者に胡散臭さがあっても、その「発言」という言葉の羅列にそれ以上もそれ以下の価値もありませんから。

私は「人」を信じる人ではなく「発言」を信じ、自分の道を歩んでいきたいと思っています。

「発言」を信じる根拠として、私には知識が必要であると強く感じています。