タロットカード:小アルカナ ペンタクルのナイト

f:id:liyracat:20170506103846j:plain:w300

最新更新日時:2018/10/01

タロットカードの絵の解説

絵から感じるストーリー

黒い馬に乗った騎士

黒い毛並みに赤い手綱を身につけた馬。
その上に、甲冑をまとった騎士が金貨を抱えて乗っている。
今いる土地から向こうは足場が悪く、緑が少ない土地となる。
それでも彼らはこの金貨を届けるために、歩みを進めなければならないのだ。

黒い馬

この馬は「素早く走る馬」というよりは、「農業を行う馬」なのだ。
つまり、穏やかで人懐っこく優しい馬。
人のタメに役立つことを喜ぶ、献身的な性格なのだ。
その馬に乗る騎士もまた、献身的な性格である。
国の利益のために、自分が出来ることを確実にこなす……
皆が喜ぶ姿が自分の喜びと言って、今日もこの金貨を大切な人の元に届けるために進むのだ。
ただ、黒い馬というのは、脅威の印でもある。
彼の優しい笑顔の裏には「絶対に要求を断らせないぞ。さもなくば……」という恐ろしい考えもある。
彼が来た時点で、その土地の人々は「嫌」と首を横に振ることはできないのだ。

緑の大地から植物のない土地へ

この金貨は緑を広げる働きがある。
彼が植物のない土地へ足を運ぶのは、その土地に緑を広げるためだ。
国が豊かになるためには、食べるもの……緑が必須。
騎士として豊かさを分け与えることにより、領土を広げようと試みているのだ。
侵略するというよりは、賛同を得る、協力を得るように努め、反発が少ない手段を取る……
それがペンタクルの国の考え方なのだ。

象徴

  • 黒い馬 = ゆっくりと穏やかな性格
  • 緑のない土地 = これから侵略する土地

一般的な意味

正位置

  • 堅実に物事を進める
  • 責任感を持つ

逆位置

  • 怠け癖
  • 実力が伴わない

照応

リーディングのコツ

物事を堅実に進める、という意味ではペンタクルのペイジと似たような要素を持つのだけれど、それに比べたらもう少しスピードがあるイメージを持つのがナイト。
また、ナイト自体は「侵略」が目的になっているので、ペイジは村の集落の長とするならば、ナイトは外部の人間なんだよね。
だからこそ甲冑を身にまとって、強制力がある……
優しい事をいっているけれど、背後には断らせないだけの脅威もチラツかせていて、ペイジよりは怖いイメージ。
ただ、金貨の大切さはナイトの方が分かっている。
国を挙げて大切にしているものだから、騎士の命にかわるもの、という責任感がある。
だからこそ、責任感を感じている人物に、このペンタクルのナイトが出てくるね。

このカードが出現した相談

coming soon...