トレード反省会:2021/02/09 -2400円


リラ猫の研究室の初アプリがリリースされました!

「リラ猫のワンオラクル」を使って、日々の悩みを占おう!

Google Play で手に入れよう

本日の損益は-2400円です!

マイナスだね!

新しい手法を取り入れて、自分の弱点を克服しようと試みた結果、大失敗しました…… 猛反省です…… けれど、当たり前のことではあるのですが、身にしみて分かった事がありました。

本日の銘柄とトレード内容

前日の繰越

  • (7247)ミクニ 買 287円/株 200株
  • (4764)NexusB 買 260円/株 300株

本日の取引

  • (4764)NexusB 売 252円/株 300株
  • (3719)ジェクシード 買 297円/株 300株
  • (3719)ジェクシード 売 297円/株 300株

取引反省会

NexusB -2400円

反省点

  • 買うタイミングが早かった
    • 合計3回下落したうちの1回目の下落で購入してしまった
    • サポートラインを直近の分足を確認して引いてしまった、実際のサポートラインは日足で見る必要があり、予想の2倍下に引くべきだった* 損切りで逆指値をしていたことで瞬間的にその値に触れてしまい、その隙に売れてしまった

売買のその後とコメント

大口が振るい落としを行っていることは分かっていました。 売り注文をたくさん入れて株価を下落させて、下落したところで買い直しをする…… その買い直しの量も多いため、下落から一気に上昇する……ということも分かっていました。

指値が!! 邪魔をした!!!!

悔しいですね…… もう1円下であれば触れなかった、というのがまた……

結果、280円まで急上昇していきました。 損切りが執行されなければ、6000円の利益でした。

もう、この悔しさを糧に、学びを得るしかないですね。

ジェクシード 0円

反省点

  • 購入した直後に大口売りが入った
    • 大きく価格が下落して恐怖心に駆られた
  • サポートラインの引き方が若干失敗していた
    • ダブルボトムのうち株価が高い方にサポートラインを引いたが、低い方が更に昔でもレジスタンスラインとして機能していたラインだった = より強いレジサポラインだった

売買のその後とコメント

大口売りが入るということは、その後必ず買いが入るということです。

なので価格が上がることを信じて保持し続ければよかったんですが、大口売りによって下落した事に私は気づいておらず……

恐怖心から同値売りしてしまいました。

案の定、その後値段は上がっていったのですが……

無念です。

本日の学び

価格の変動は大口が起こす

本やいろんな投資家の皆さんが口を揃えていう言葉が「価格の変動は大口が起こす」です。

頭では分かっていたのですが、正直「事故」程度にしか捉えておらず、欲と恐怖に支配された小口が動かしているのだと思っていました。

出来高と歩み値を睨めっこした所、適度に売買されている中で飛び出ている所をきっかけに価格が動いている事がわかりました。 そして、そこでは大体大口の取引が行われていることもわかりました。

ポンと飛び出ている所が買いであれば、どんなに他がゆっくりと下降しててもまたすぐに大口買いが行われ価格が上がります。

ポンと飛び出ている所が売りであれば、どんなに他がゆっくりと上昇しててもまたすぐに大口売りが行われ価格が下がります。

本に書かれていることそのままなのですが、それを身にしみて感じました。

大口に逆らってはいけない。 マーケットを支配しているのはあくまでも「大口」であって、小口はその波に上手く乗る必要がある。

それを肝に銘じて行動しようと思いました。

明日の作戦

指値を行わない期間を設ける

今のところ、逆指値が邪魔をして売れてしまった事故が発生することが多いです。

損切りが大事とは言いますが、それはメンタルの話。

根拠を持って挑む以上は、逆指値をしなくても問題ない範囲で取引をすべきです。

なので、あえて逆指値を行わないで取引を行ってみようと思います。

リスクに晒されることにはなりますが、私やビビりすぎて損をしているので、まずはそれを解決する必要があります。

とある投資家さんも「焦りすぎて損してる」と言っていましたからね。

2時間は逆指値を取っ払って様子を見て、その段階で買値以上の株価になっていなければ損切りを行うことにしようと思います。

レジサポラインを日足を見て引く

分足で取引しているのだから分足でレジサポラインを引いていました。

が、それは視点の話であって、マーケットは一つですからね。

出来るだけ目線を引いてレジサポラインを引こうと思います。

大口の動きのみを確認する

出来高がポンと上がったタイミングで株価がどのようになっているかによって、買い・待ち、売り・保持を決めようと思います。

上昇トレンドでは出来高が上がっている所は大抵陽線です。 下降トレンドに変わり始めると、突然陰線が出てくるので、それを確認してから売ろうと思いいます。

買いも同様です。 ポンと飛び出た陰線を確認しているうちは買いを控えようと思います。

大口が満足する価格というのは、ある程度は予想できてもピシャリと当てることは難しいですから。 大口の動きを確認して、それから動こうと思います。

2400円の勉強代、無駄にしません!!