西洋占星術:サイン

最終更新日時:2018/10/10

惑星が人物でしたら、サインは洋服です。
惑星がどんなに活発でも、サインが大人しいものであれば、大人しくせざるを得ません。
……ストレスが溜まるかもしれませんが。
逆に、惑星が大人しければ、大人しいサインの中で伸び伸びと活動出来ます。
そのように、惑星とサインは相性があります。
惑星がどの程度能力を発揮できるかは、このサインで決まります。

続きを読む

西洋占星術:惑星

最終更新日時:2018/10/03

こちらは、西洋占星術の惑星のお話。
10個の惑星について、性質を説明していきます。

惑星とは

西洋占星術で惑星というと、
太陽、月、水星、金星、火星、木星土星天王星海王星冥王星
の10個の天体を指します。
本当は、太陽は恒星、月は衛星、冥王星準惑星なので、現在の科学とは認識が違うところがありますが、
西洋占星術自体、天動説(地球の周りを太陽などの他の惑星が回っている)を用いているため、このような事が発生しています。
混乱されないでくださいね。

さて、西洋占星術を見る上で、惑星とサイン(星座)は切っても切れない関係にありますが、
惑星は人物、サインは洋服だと思われてください。
どんな洋服を着ても、その人物の本質は変わらない……
今回はその惑星に関する紹介です。

続きを読む