読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまには人間味のあることを書こうか

Diary

ブログの更新に占い師にと頑張ってたら疲れてきたリラ猫です。

気分的にはお久しぶりです

ココナラで占い師を始めて、
ブログの更新も頑張ってみて、
今一生懸命、Google Adsenseの審査通過を頑張っております。
ただ、ちょいと、疲れたぞ!!!

広告

学びが多いから、楽しいけどね

中学生ぐらいのころから、ブログ自体は行っていて、
アウトプット自体は慣れてるんだよね。
詩も書いてたし、小説も書いてたし。
社会人になっても、日記みたいな日報を、
毎日1000文字以上書いていたし。
文章を書くのは好きだけれど、
こう、なんていうか、
「見る人」がいることを意識した文章って、
あまり書いてこなかったんだなー、と痛感している。

文章を見られて、
「読み応えがある」というのはよく言われる。
長いからね!!!!
ただ面白い記事が書けているのかは、
自信がないが故に、分からない。
面白いと言ってくれる人もいるけどね。
ただどちらにしても、
「私の感じている素直な気持ち」
を表に出すと、物事が上手くいくのは、
今も昔もあまり変わりがないみたい。

改めて、タロットを勉強中

あんまり解説書とかは読まずに占いを行っているのだけれど、
やっぱり絵の意味を考えると、
タロットは的中率が上がる気がするのだ。
だって、タロットっていーーーーーーーーっぱい象徴があるんだもん。
今、頑張って解説記事を書いてるけど、
書ききれないもん。
書いてるときに、
「あれ? もっとあった気がするんだけど……」
って思うんだけど、
どうしても思い浮かばない。
後で追記していかないとダメね。

何が言いたいかって、
タロット占いっていうのは、
カードの偶然だけから占っているのではなく、
占いの実施者が、
「カードを見てたまたま感じた事柄」
で占っているんだよね。
つまり、適当!!!!!

この話を友人にしたら
「人の感情をなんだと思ってるんだーーー!!!」
って怒られたけど、
「実際、当たってるでしょ?」
っていうと反論ができないようだ。
うん。何故か、こんなにも適当でも、当たるんだよ。
それがタロットの不思議の一つである。

どんな本を読んでいるかの紹介

こんな本を読んで勉強しています。
分厚いです。重たいです。

タロット象徴事典(Amazonへ飛びます)
f:id:liyracat:20170319114522j:plain:w300 f:id:liyracat:20170319114527j:plain:w300

大アルカナが中心の解説だけども、
大アルカナの絵の変化や、美術品との比較なども行われていて、
とても面白い。
けど、大アルカナがあまり好きじゃないから、
割と右耳から左耳へ流れてく。
本だから、右目から左目へ流れていくんだろうか。
けどやっぱり印象に残ってる部分は、
苦手な歴史でも、頭に入っているんだよなぁ。
これもまた、不思議なお話。

読者が増えてきました

読者が増えてきました。
皆さまありがとうございます。
しかし同時に、めちゃくちゃビビってます。
人様に見せられるような文章を、書けているんですかね!?!?
いっぱいスターをいただいて、感謝です。嬉しいです。
所詮占い。たかが占い。
けれど、人の人生を左右したり、救えたりするのもまた占いであるため、
もうちょっと気を引き締めて、記事を書いていけたらなー、と思います。

本格的な活動は4月から

実は、結婚式を控えているのです。
2週間後です。
ただ、ちょっとその準備に追われてるもんで、
ちょっと占いの依頼を制限している状態です。
申し訳ないです。
「Mail Request」から依頼をいただければ、
順次占っていくので、
占いの結果をのんびり気ままに待っていただける方は、
是非ご依頼くださいませ。

広告