読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タロットカード:小アルカナ ワンドの3

Tarot Card Lesson

f:id:liyracat:20170415155109j:plain:w300

最新更新日時:2017/04/15

タロットカードの絵の解説

絵から感じるストーリー

黄金の海を見つめる青年

ワンドの2ととても似ているカードが、ワンドの3。
決定的に違うのは、黄金色に輝く空と海だろう。
彼はこの海を渡り、新世界へ向かおうとしているのだ。
その長旅の出発地点が、ワンドが3本立っている、この場所なのだ。

人としての成長

よく「旅をすると人生観が変わる」という話を聞くだろう。
旅というものには、それだけ「成長」という要素があるのだ。
彼はまだ旅こそ始めていないが、
これから人として成長をするために、その第一歩を踏み出すのだ。
実はこの第一歩こそが最も難しい。
その難しい第一歩を、3本のワンドに支えられて、踏み出そうとしているのだ。

黄金の空

空が黄金色に輝いている。
つまり、天からの祝福を受けているということだ。
彼はこの旅で大きく成長する。
そして世界に大きな影響を与える人物となる。
人として成長し、世界を成長させた後、
彼はまたこの地に戻ってくるのだろう。
また新たな出発をするために。

象徴

  • 黄金の海 = 天からの祝福
  • 赤い服 = 情熱

一般的な意味

正位置

  • 出発
  • 自信を得る

逆位置

  • 夢の中断
  • 自信過剰

リーディングのコツ

実は「3」という数字の扱いになれていない。
数秘術の知識も必要になってくるのだろうが、
如何せん、この絵から、希望のある出発以外に飲み取れないのだのなぁ。
ちなみに他の解釈として、この男性は貿易商で成功を収め、大金を手にし、
海の上にある船は貿易船である。
その貿易船を見守っている所だ。
という解釈もあるらしい。
正直、ワンドというより、ペンタクルっぽい解釈だなぁ、と感じている。
もちろん、貿易だって情熱がなきゃ出来ないことだけど、
貿易よりかは、旅立つ方が、ワンドっぽいと思うのだ。

それにしても、ワンドは門として扱われるカードが多いね。

ワンオラクルでこの出た日の様子

coming soon…