タロットカード:小アルカナ ソードの9


リラ猫のタロットハウスの初アプリがリリースされました!

「リラ猫のワンオラクル」を使って、日々の悩みを占おう!


Google Play で手に入れよう

f:id:liyracat:20170505110746j:plain:w300

最新更新日時:2018/10/01

タロットカードの絵の解説

絵から感じるストーリー

暗闇の中で悲しむ女性

暗い部屋のベッドの上で、顔を覆い悲しむ女性。
その彼女の頭の中は、9本もの剣が駆け巡っている。
この9本の剣は、彼女の心をズタズタに引き裂いている。
その苦しさのあまり、彼女は飛び起き、涙を流したのだ。

女性の性格

心が引き裂かれるほどの思いをしているこの女性は、立ち直ることができるだろうか?
答えは、立ち直ることができる。
彼女がかけている布団の柄は、赤い薔薇と占星術の記号が描かれたものになっているからだ。
赤い薔薇は情熱や活発的な性格を表している。
そのため、今回負った傷というのは、彼女の明るさを持っていても抗えない程の悲しみなのだ。
しかし、占星術の記号もかかれていることから、
彼女は、運勢は流れるように変わる事、繰り返すことを理解している。
つまり、今の落ち込みは一時的なものである、しばらくすれば良い方向に向かっていくことを理解しているのだ。
そのためにも今はとにかく涙を流して悲しみ、心を整理して、前を向くことが先決であると分かっているのだ。

ソードの3との違い

同じ「悲しみ」を表すカードとして、ソードの3が思い浮かぶだろう。
ソードの3と9の違いは、避けることが出来るか出来ないかの違いだ。
ソードの3は、剣の扱い方を間違えた…… 剣を剣らしく「人を傷つけるため」に使った結果が、ソードの3なのである。
剣をもっと慎重に使っていれば、傷つかなくて済んだものなのだ。
言ってしまえば、自業自得でもある。
それに比べてソードの9は、避けられなかった事…… 運気のせいでもあったため発生したことであるから、外的要因で悲しんでいるのだ。
自分ではどうにも出来ない分、ソードの9の方がより深い悲しみとなるのだろう。

象徴

  • 赤い薔薇 = 情熱的、活動的
  • 占星術の記号 = 運の流れ

一般的な意味

正位置

逆位置

  • 悲しみの原因の理解
  • 現実を受け入れる

照応

リーディングのコツ

ショッキングなタロットの絵の一つだよね。
後ろから剣で刺されているような絵なんだよ。
……いや、まぁ、ソードの10は本当に刺さっているけれど……
ソードの10は物理に対して、ソードの9は精神なんだろうね。
そのぐらい悲しい思いをしているのだと思う。
それこそ、薬が必要なほどのうつになってしまうぐらいに、ね。
具体的に解決方法を探したくても、探せない状態だから、
傷が癒えるのを待つしかないんだよねぇ。
どちらにしても「相手は理不尽な態度にとても傷ついたようですよ」とか、そういう解釈になる。
もしもソードの9状態の相手に会ったら、隣にいて背中をさすってあげるといいね。

このカードが出現した相談

coming soon...