タロットカード:小アルカナ ソードの8


リラ猫のタロットハウスの初アプリがリリースされました!

「リラ猫のワンオラクル」を使って、日々の悩みを占おう!

Google Play で手に入れよう

f:id:liyracat:20170505110620j:plain:w300

最新更新日時:2018/10/01


8本の剣が突き立てられたその真ん中に、 目隠しをされ、後ろ手に拘束された女性が立っている。 足下はぬかるんでいて歩きづらく、摺り足で逃げることも困難だ。

全く身動きが取れないこの状況では、 誰かがこの拘束を説いてくれるのを待つしかないのだろう。

]

一般的な意味

正位置

  • 制限のため身動きが取れない
  • 自業自得

逆位置

  • 解放される
  • 突破口を見つける

タロットカードの絵の解説

絵から感じるストーリー

8本の剣の意味

もしも拘束が解けたら。 もしも目隠しが解けたら。 この女性はさっさと逃げてしまうだろう。

それを防ぐ役割をしているのが、8本の剣。

この剣に触れれば、怪我をしてしまう。 身長ほどもある長く重たい剣を、この女性は抜くことは困難だろう。

……というのが本来の目的であるが、 この女性の前方は何故か剣がなく開けているのだ。

あともう少しだけ自由に動ける何かを得れば、 この女性はすぐにでも脱出するだろう。

緩い拘束

普通、手と胴体を拘束するであれば、 もっと固く、何重にも巻くだろう。

しかしこの女性の紐は、せいぜい一周……しかも斜めに緩くかけられている。 つまり、この女性の拘束は拘束の意味を成していないのだ。

拘束を解こうと思えば解くことができる。 しかしそれを女性はしていない。

女性は自ら望んで、この場所に拘束されているのだ。 女性は自ら望んで、動き出さないことを選択しているのだ。 「拘束されているから」という理由で。

象徴

  • 剣 = 檻
  • 紐 = 自らが望んだ足枷

タロットカードと占星術の解説

照応

リーディングのコツ

答えはすべて自分の中にある。 分からないのは気づいていないだけだ。

……みたいなことを、誰かが言っていたような気がするんだけど、 まさにこれを表すようなカードだと思う。

環境が悪い。周りが悪い。だから私は動けないんだ。 と思っていても、本当は突破口はすぐ近くにある。

だから、確かに意味としては「身動きが取れない」ではあるんだけれど、 自身の怠慢により、動けないと「思いこんでいる」という状態が正しいのかなと感じる。

占いの相談で、復縁系の相談を受けると、3組に2組はこのカードが出てくる。 それだけ、恋人に囚われてしまう人が多いのだろうね。

けれど恋愛でも結局、自分の問題。 自分で抜け出す努力が必要、ってことだね。

このカードが出現した相談