タロットカード:小アルカナ ソードのクイーン


リラ猫のタロットハウスの初アプリがリリースされました!

「リラ猫のワンオラクル」を使って、日々の悩みを占おう!


Google Play で手に入れよう

f:id:liyracat:20170506103056j:plain:w300

最新更新日時:2018/10/01

タロットカードの絵の解説

絵から感じるストーリー

背もたれに深く腰掛ける女王

険しい顔をした女王が、剣を真っ直ぐ上に掲げて玉座に深く座っている。
ロザリオを身につけた左手で、誰かに話しかけているようだ。
空には入道雲が浮かび、鳥が飛んでいる。
風こそないものの、これから雨が降る前触れだ。

女王の性格

左手にロザリオを身につけている所から、彼女は信仰深い人物であることが伺える。
つまり彼女は、シスターのような役割をしている人物なのだ。
しかし、ここはソードの女王。
険しい表情から分かるように、優しく慈悲溢れる人なのではなく、
訪れた人に説教をするような厳しい人なのである。
ただただ厳しいのではなく、彼女は悲しみを知り尽くしているが故に、
人々に同じ思いをして欲しくなくて、あえて厳しい言葉を述べるのだ。
甘く優しい母ではなく、厳しい愛の鞭を与える母として、怖がられながらも頼りにされているのがソードのクイーンなのだ。

攻撃性がない

ソードのクイーンの剣が真上を向いていることから、
剣はあくまでも象徴であって、人を傷つけるためのものではないのだ。
もちろん、いざとなれば剣を使うこともあるだろうが、
振るうのはあくまでもキングの仕事。
彼女自身はそこまで冷たい人間ではない。
彼女は可能な限り、武力ではなく言葉で民を導きたいと考えているのだ。

象徴

  • 青の上着 = 女性らしさ
  • ロザリオ = 信仰心が深い
  • 険しい表情 = 悲しみを知る

一般的な意味

正位置

  • 厳しい母親
  • 考え深く行動する

逆位置

  • 苛立ちを抑えられない母親
  • 嫉妬心に燃える

照応

リーディングのコツ

恋のライバルがいる時に出て来やすいカード。
ソードのスート自体、否定的な意味合いのカードが多いが、クイーンも例外ではないね。
もちろん、思慮深いとかの意味はあるものの、女性の厳しい「ピシャッ」とした部分が前面に出ているから、
嫌われやすいカードでもあるかなぁ、と思う。
ただ、人間って甘い方に流されがちだからね。
こういう、ソードのクイーンみたいな人に叱ってもらって軌道修正が必要なこともある。
怖いだけの人じゃないから、このカードも大切にしていきたいね。

このカードが出現した相談