タロットカード:小アルカナ ソードのペイジ


リラ猫のタロットハウスの初アプリがリリースされました!

「リラ猫のワンオラクル」を使って、日々の悩みを占おう!

Google Play で手に入れよう

f:id:liyracat:20170505111032j:plain:w300

最新更新日時:2018/10/01


険しい顔つきで前を見つめる男性。 その男性の髪は大きくなびいており、強い向かい風が吹いていることが分かる。

海は荒れ、崖っぷちに立っている。 後戻りは出来ない。 彼は前に進むしかないのだ。

一般的な意味

正位置

  • 冷静に物事に挑む
  • 目的の達成のために手段を選ばない人

逆位置

  • 考えすぎて行動に起こせない
  • 策に溺れる人

タロットカードの絵の解説

絵から感じるストーリー

荒れた風に荒れた海

彼が立っているところは風も海も大荒れだ。

これはまさに、彼の心の中を表している。 荒れ狂う心をあえて崖っぷちに置くことで、

「もう後戻りはできない」 「心も体もしっかりコントロールできなければ、成し遂げられない」

と、自身を奮い立たせ、かつ冷静さを保っているのだ。

この台風のような状況が過ぎ去れば、 彼は彼の望む未来へと道を切り開いて進むのだろう。

空を飛ぶ鳥たち

荒れた気候であっても、鳥の大群は大空を飛んでいる。

つまり、どんなに風が強くとも、コントロールできる術があるということだ。

鳥たちが目指す場所もまた、彼が目指す場所。 彼と共に鳥たちは、勇敢に未来へと立ち向かっていくのだ。

彼が去った後のこの場所

風が強いのに、雲そのものは穏やかだ。

つまり、この雲は空の高い所にある……積乱雲なのだ。

風が強く、積乱雲があるということは、 彼がこの土地を去る頃には土砂降りになるだろう。

彼が通った場所はすべて、何かしらの変化が訪れることを表しているのだ。

象徴

  • 荒れた天気 = 彼の心の中
  • 険しい表情 = 彼の試練へと立ち向かう覚悟
  • 崖 = 後戻りできない

タロットカードと占星術の解説

照応

リーディングのコツ

ペイジって希望あふれる若者を指すんだよね。

ワンドは生産すること。 ソードは困難に立ち向かうこと。 と違いがあるけれど、 どちらも何かしらの目的を持って、突き進んでいくイメージ。

だから、占っている相手でこのカードが出てきたら、 その人物は何か野望を抱いているということになる。

冷静さもあるから、安心して見守ることが出来るのではないかな。

逆に、古い企業などでこのカードが出てきたら、危ない橋を渡ろうとしていると考えた方がいい。 若さとはリスクを恐れない者でもあるのだからね。

このカードが出現した相談