タロットカード:小アルカナ ペンタクルの6


リラ猫のタロットハウスの初アプリがリリースされました!

「リラ猫のワンオラクル」を使って、日々の悩みを占おう!


Google Play で手に入れよう

f:id:liyracat:20170506103637j:plain:w300

最新更新日時:2018/10/01

タロットカードの絵の解説

絵から感じるストーリー

貧民に金品を分け与える商人

財を成した商人が、貧民に施しを与えている。
その人物に必要な物を、必要な分だけ分け与えられるように、天秤に測ってから与えているのだ。
「僕も貧しい時があった。さあ、これで仕事をえなさい」
そういって彼を自立へと向かわせるのだ。

赤い服の商人

彼は一代で富豪に上り詰めた人だ。
その証拠に、情熱の色である赤色の服に身を包んでいる。
彼もまた、昔は貧しい暮らしをしていたのだが、同じように富豪に助けてもらった恩がある。
今度は彼が貧しい人を助ける番。
そうやって、見込みのある人物に支援をしているのだ。

商人の持つ天秤

商人が持つ天秤は、大アルカナ「正義」が持っていた天秤だ。
貧しい人の価値と金品を天秤に架け、人物に見合った量だけ与えている。
それは身分だとか、若さだとかは関係ない。
彼が与えた金品を増やす事ができるかどうか、だ。
彼から見て右側にいる人物は、その見込みがあるのだろう。
逆に左側にいる人物は、見込みがないという事で見向きもされない。
何故なら左側にいる人物は、貧しい人などではないのだ。
左ポケットから顔を覗かせているのは赤い財布。
この商人は左側にいる彼のように邪な心を持ち、自分の懐を温めることしか考えない人物には、施しを与えない。
しっかりと、天秤で「公平に」計って分け与えているからなのだ。

象徴

  • 赤い服 = 情熱
  • 天秤 = 公平性
  • 財布 = 財力

一般的な意味

正位置

  • 慈善活動を行う
  • 公平に物事を見つめる

逆位置

  • 私腹を肥やす
  • 色眼鏡で見る

照応

リーディングのコツ

赤は情熱の色だけれど、黄色は神の祝福だったり、人生の成功を表す色。
金品を受け取っている人は、服からも成功する事が見えているんだよね。
そして、青は知性の色だから、賢くお金を増やすだろう、と感じるんだけど、赤い財布が見えているのが本当に残念。
天秤の前では、ズルはできないね。
ペンタクルは良くも悪くも「金」「名声」がキーワードとなるスートだから、
この慈善活動でさえ、ある意味商売なんだよね。
幸い、Win-Winな関係になる商売だからいいんだけどね。
綺麗なんだか汚いんだか分からないカード。
ただ、この商人が大事にする「公平性」という考え方は好き。
何か行動しようとしている人にこのカードが出てきたら、目的などを明確にしてから動くように、と伝えた方がよさそうだね。

このカードが出現した相談