タロットカード:小アルカナ ワンドの10


リラ猫のタロットハウスの初アプリがリリースされました!

「リラ猫のワンオラクル」を使って、日々の悩みを占おう!

Google Play で手に入れよう

f:id:liyracat:20170422003634j:plain:w300

最新更新日時:2018/10/01


10本のワンドを両手に抱えて歩く男性がいる。

その男性は若さこそあれど、 背中は曲がり、少しでもバランスを崩せば、 そのまま倒れてしまいそうなほど辛そうである。

一般的な意味

正位置

  • 重荷を背負う
  • 強い責任感

逆位置

  • 重荷に潰される
  • 他人に助けを求められない

タロットカードの絵の解説

絵から感じるストーリー

ワンドという宝物

彼は自分の街に、このワンドを持ち帰ろうとしているのだ。

その両手いっぱいのワンドは、エネルギーそのもの。 ワンドの9は己のためにワンドの力を使おうとしたが、彼は皆のためにワンドの力を使おうとしているのだ。

しかし、そのワンドの力は膨大である。 そのため彼一人では、支えることができないのだ。

支えることが出来ないのならば、どうすればいいか?

そんな彼を「皆で」支えればいいのだ。

責任感の強さ

彼はとても責任感が強いのだろう。 だからこそ、このワンドを見つけたとき、運ぶと決めたとき、1人で運ぶことを決めたのだろう。 2人で5本ずつ持てば、もっと楽だったはずなのに、だ。

きっとそれは、彼の意地。 若い彼が背負っている責任が故に、取らせた行動なのだ。

彼は次期領主。 彼の手で、自分の民を、自分の土地を守らなければならないのだ。

1人ではないことに気づくべき

彼は忘れている。 この土地を治めるのは「領主」だけではないことを。 周囲にたくさん手伝ってくれる人がいることを。

力を持っているからこそ忘れてしまう。 1人で全部出来てしまうから忘れてしまう。

彼が街に帰ってきて、彼の様子を見た民はこういうだろう。

「なぜ、私たちに手伝わせてくれなかったんですか!!」

こうやって彼は、成長していくのだろう。

象徴

  • 街 = 彼の領土
  • 10本のワンド = 彼の負っている責任

タロットカードと占星術の解説

照応

リーディングのコツ

第一印象は「この人、潰れる!」だった。

だって、こんな重たいものを1人で持ってるもんね。 こけたら絶対、下敷きになるでしょ。 危ないじゃん……

10という数字はそのスートの「完成形」を表すらしいけど、ワンドの10は押しつぶされることが完成形なの?って疑問に思ってた。 力を持つものは力に押しつぶされる、って言いたいんだろうね。

けど、ワンド自体は生命力とか、繁栄の意味も強いから…… だからこそ「誰かに助けてもらうべき」というメッセージを込めたのではないかと思う。

偉い人ほど、なかなか助けを求められないからね。 この人はすごい人だからワンドを抱えているんだろうけど、たった一人では潰されてしまうからね。

力のある人ほど、誰かの助けが必要であるということを、教えているカードなんだと思う。

このカードが出現した相談