占いサービスを休止いたします


リラ猫の研究室の初アプリがリリースされました!

「リラ猫のワンオラクル」を使って、日々の悩みを占おう!

Google Play で手に入れよう

タイトルの通りですが、占いサービスを無期限休止とさせていただきます。

LIVE放送をご覧いただいている方や、私のサービスを頻繁に受けている方は察されているかとは思いますが、私自身「占い」というサービスを提供し続けることに疑問を抱いていました。

先日のLIVE放送で、無意識ではありましたが「占いをする時に罪悪感を覚える」と話していました。 これこそが私の本心であると気づかされました。

罪悪感を覚えてまでサービスを提供する必要はない、と思ったため、この度思い切って、無期限休止という決断をさせていただきました。

私の活動の目標は「相談者を幸せにしたい」

私が「占い」という活動を通して達成したかった目標は「相談者を幸せにすること」です。 相談者さんが抱えている苦しみを少しでも開放してあげることが、私の人生の目的に近づくだろうと思っての活動でした。

占いという「答え」の弊害

しかしながら、占いというのはただ一つの答えを与えてしまう性質上、どうしても相談者さんはこの「答え」に依存してしまいがちです。

それを防ぎたい意味もあって「未来は占いたくない」とか「意味のある質問をしよう」などという話をしてきましたが…… 現実問題、「占い」というサービスにそのような占い師の理想は求められていないんですよね。 当然といえば当然です。

相談者を幸せにしたいはずなのに、幸せとは真逆の依存状態を作り出してしまっているというのが現実です。 それならば、思い切ってやめてしまおう、というのが私の決断です。

占いそのものに害はない

占い=害がある危険なものなのか、というとそうではないと思っています。 お酒を飲みすぎるとアルコール中毒になるのと同じように、占いもまた近づきすぎると依存状態を作り出してしまいます。 あくまでも「付き合い方の問題」と考えています。

リラ猫のワンオラクルのように「今日はどんな一日かな?」と占っている程度であれば、まったく害のない…… むしろ、勇気の出ない自分の背中を押してくれる強力なツールとなってくれます。

あくまでも、占いをツールではなく世界のすべてとして認識してしまうことが危険なのです。

「占い師」という神秘的な存在が、相談者さんの中にある境界を曖昧にしてしまうのだろうなぁ、と感じています。

カウンセリング・コーチングは続けます

カウンセリング・コーチングのサービスは引き続き継続して行っていきたいと考えています。

こちらは、根本的な解決をするために自分自身の問題と向き合うお手伝いをするサービスです。 そのため、私の目標と一致する結果を得られるはずと考えております。

まだ相談依頼ページの整理がしきれていませんが、近いうちに新しく書き直そうと考えています。

変わらずよろしくお願いします

迷走しがちなリラ猫ですが、引き続き応援いただけると嬉しいです。 いろんな方面で頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。