タロットカード:大アルカナ 死神

f:id:liyracat:20170327190841j:plain:w300

最新更新日時:2017/03/27

タロットカードの絵の解説

絵から感じるストーリー

白馬に乗った死神様

白馬に乗って現れたのは、
素敵な素敵な…………死神!?
4人の人物を目の前にして白薔薇の旗を掲げる死神。
富める者も貧しい者も、老若男女問わず、
死と言うのは必ず訪れるものである。

馬と旗

何故死神が白馬に乗っているのだろうか?
まず「馬」だけで考えるのであれば、
疫病などの伝染するものを表しているのではなかろうか。
まるで軍隊のように進行していく死の病。
それがまさしく「死神」だったのだと思う。
旗はやはり「軍隊」を表しているのだろう。
しかしその旗に描かれている絵は、
さすがに軍隊とは関係ないと思うのだ。
おそらく、死神が掲げている考え方
……それが「白薔薇
白薔薇花言葉は「純粋」である。

死神の考え方

おそらく死神は、欲の無い「純粋」な人物を好くのだろう。
欲深い人物……七つの大罪を犯しているような人物は、
その魂を容赦なく刈り取り、その魂を地獄へ叩き落すのだろうな。
そして、刈り取られなかった人物は、天国への道へ進む権利を与えられるのだろう。
だからこそ、死神のカードであるのにも関わらず、
遠くの空に太陽が覗いているのだろう。
ただただ死へと誘う悪人ではないのだ。

死神や4人の人物がいるその「場所」

不思議に思わないだろうか?
王様と司祭が一緒にいるのはまだ分かる。
そこに、女や子どもがいるのは何故だろうか?
たぶんここは既に「死後の世界」なのだ。
近くにある川の先に、天国がある。
その天国に行くことができるのは、
あの小さな船に乗れたものだけ。
死神の魂を刈り取る鎌から逃れ、
無事に船に乗れる人物は、
果たしてこの中で何人いるのだろうか。
…………純粋な子どもだけだろうな。

象徴

  • 白薔薇 = 純粋
  • 太陽 = 天国
  • 川 = 現世と天国の境界

一般的な意味

正位置

  • 縁を断ち切る
  • 悪い事柄を終わらせる

逆位置

  • 新たに事柄を始める
  • 縁を結ぶ

リーディングのコツ

深刻な顔をして占われる人ほど良く出るカード。
深刻な顔をさせてる人物と縁を切れってことなのかな、って毎回思う。
死神のカードを調べていて、
川があること、旗が白薔薇であることを初めて知った。
死神のカードが出ると、ただただ悪いイメージが強かったため、
(実際の解釈ではそればかりではないが)
カードを引くと「ドキッ!!」と毎回している。
ただ今回調べたことによって、
「魂の選別をしているのだ」
「目の前にある人物を我武者羅に死に追いやってるわけではないのだ」
と気がついたら、恐怖心がちょっと和らいだ。
何かを始めるには、何かを終わらせなければならない。
良い習慣を身に着けるには、悪い習慣を絶たねばならない。
死神はそういうことを言っているのだと思う。
…………こう考えると、いいカードなんだけどなぁ。
もうちょっと、柔らかい表現にできなかったのかなぁ。

ワンオラクルでこの出た日の様子

coming soon…